ものかたり

ものをして用を弁ずるなかれ

ものかたりは、住み手が離れて久しい家を店舗として改修し、
古本や古物・古材を販売しています。
しかし、この店は古本屋でなければ、骨董屋でもありません。
ものづくりに携わる方々の技を紹介し、
彼らとともに手がける新たなプロダクトをお披露目する場、
土地に根ざした様々な表現活動を支える場でもあろうとしています。

土地において住む人々の知恵や工夫を養った、
あるいは、それによって生み出された
有形無形の「もの」に着目し、取り扱いたいと考えます。

多様な自然を背景にものづくりが栄え、
豊かな暮らしが当たり前にある土地で、
その価値に目を向けるには、人がそれを物語るのでなく、
もの自らの語りに耳を傾ける場所が必要です。

用を弁ずるとは用を済ますの意。

たとえば美しい器の由緒に満足しながら食器として使用するより、
「美味しい料理を盛り付けなければこの器は満足しないのでは?」と、
とらえてみる。食卓まわりや食事の時間をデザインし直してみる。

丁寧に暮らし、よく生きようとするあなたのために、
ものかたりの聴こえる空間をご用意しました。

ものをして用を弁ずるなかれ

ものかたりは、
住み手が離れて久しい家を
店舗として改修し、
古本や古物・古材を販売しています。
しかし、この店は古本屋でなければ、
骨董屋でもありません。
ものづくりに携わる方々の技を紹介し、
彼らとともに手がける
新たなプロダクトをお披露目する場、
土地に根ざした様々な表現活動を
支える場でもあろうとしています。

土地において
住む人々の知恵や工夫を養った、
あるいは、それによって生み出された
有形無形の「もの」に着目し、
取り扱いたいと考えます。

多様な自然を背景にものづくりが栄え、
豊かな暮らしが当たり前にある土地で、
その価値に目を向けるには、
人がそれを物語るのでなく、
もの自らの語りに
耳を傾ける場所が必要です。

用を弁ずるとは用を済ますの意。

たとえば美しい器の由緒に
満足しながら食器として使用するより、
「美味しい料理を盛り付けなければ
この器は満足しないのでは?」と、
とらえてみる。
食卓まわりや食事の時間を
デザインし直してみる。

丁寧に暮らし、
よく生きようとするあなたのために、
ものかたりの聴こえる空間を
ご用意しました。
詳細地図はこちら
◉ 古本および古物・古材
◉ 暮らしの道具
◉ 東北生まれの商品
◉ 展覧会やイベントほか
◉ その他、あなたに役立つもの

住所 秋田県南秋田郡五城目町字上町三九39番地
時間 午前一〇10時より午後時まで
電話 〇一八 ― 八〇二 ― 〇〇八九018-802-0089
※ 準備中・繋がらない場合はこちら

Mail info@mono-katari.jp
URL www.mono-katari.jp
※ 本サイト準備中